ブランディング

Google マイビジネスの料金は?登録できる情報や効果的な運用法も網羅!

Google マイビジネスは、個人や企業が自分のお店や企業をGoogle Map上でPRするための集客ツールです。基本機能を活用する上での料金は無料となっています。登録すればお店や企業の基本情報、写真、口コミなどさまざまな情報を発信できるため、運用の仕方によっては大きな集客効果が見込めます。

場所に関するキーワードを検索するユーザーが増える中、Google マイビジネスの運用に力を入れることはとても意味があることだといえるでしょう。今回は、Google マイビジネスのサービスの概要と費用をかけて集客効果アップを狙う活用方法をご紹介します。

本記事で分かること

  • Google マイビジネスで何ができるのか
  • 費用をかけて運用する方法にはどのようなものがあるのか

以下の記事はGoogle マイビジネスについてもっと知りたいと思っている方におすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

Googleマイビジネスの投稿方法と活用したい機能を詳しく解説!

週末のお出かけ先を決めるのに、多くの方が活用しているGoogle。GoogleマイビジネスにはSNSのように店舗の情報を随時投稿できる機能があり、これを効果的に利用することでより多くの集客が見込めます ...

続きを見る

グーグルマイビジネスで誹謗中傷口コミを書かれた!削除依頼など対策方法まとめ

グーグルマイビジネスは、グーグル社が提供するグーグルマップと連動したビジネスツールです。集客や営業のための便利なツールとして活用できる反面、悪い口コミがつくと取り扱うのが厄介なツールでもあります。 今 ...

続きを見る

Google マイビジネスで何ができるの?

Google マイビジネスは登録料や使用料がかからず、誰もが無料で使用できるツールです。オーナー確認を済ませて情報発信すれば検索結果の表示ページ内でお店や企業をPRしやすくなり、活用の仕方次第で集客効果が見込めます。ここでは、Google マイビジネスで何ができるのかを見ていきましょう。

基本情報を登録できる

出典元:Google マイビジネス

お店や企業の管理者(以下:オーナー)がGoogle マイビジネスに登録していれば、基本情報がナレッジパネル内に表示されるためユーザーは住所、電話番号、ウェブサイトなどを直接問い合わせることなくインターネット上で確認できます。

登録されていない項目があると「不足情報を追加」と出てしまうため見た目が悪くなり、ユーザーも不安になるかもしれません。集客率を高めるためには、項目はできる限り入力することをおすすめします。

営業時間を登録する

営業時間を登録すれば、ユーザーが検索したタイミングに合わせて営業状況を「営業中」「営業時間外」と自動で表示できるようになります。

営業時間に関する問い合わせも減るでしょうから、スタッフの業務効率化も図れるでしょう。登録に関して面倒な作業は特にありませんので登録することをおすすめします。

「通常の営業時間(日曜日~土曜日)」と「特別営業時間(祝日や長期連休時など)」のそれぞれを設定しておけば、より正確な営業時間をユーザーに伝えられます。詳しく設定すれば、「ここは情報が細かく掲載されている」とユーザーからの信頼も獲得しやすくなるでしょう。

ウェブサイトを開設できる

Google マイビジネスでは、スマホでも最適に表示できるウェブサイトを1ページだけではありますが開設可能です。Googleが用意するフォーマットやテンプレートに沿って作成するだけですので、コンテンツの作成が苦手な方でも簡単に開設できます。

検索したお店や企業が気になっていてもユーザーによっては「ウェブサイトが設定されていないから」と、他の競合を選ぶ可能性はゼロではありません。集客効果を高めるためにも、ウェブサイトは開設しておくといいでしょう。

SNSのように活用できる

出典元:Google マイビジネス

検索結果時に表示されるナレッジパネルは、お店や企業をアピールできる重要な部分です。こまめに更新することで、ユーザーにさまざまな情報を発信できます。最新情報、キャンペーン内容、商品情報などPRすべきものがあれば、InstagramやFacebookなどのSNSを更新する時にまとめて更新を済ませておくといいでしょう。

口コミを通してユーザーとやりとりできる

出典元:Google マイビジネス

ナレッジパネル内には、お店や企業の基本情報や最新情報だけでなくユーザーが投稿した口コミも表示されます。オーナーは口コミに対して返信できるため、インターネット上でユーザーと交流できるわけです。

ただし口コミは良いものだけでなく、悪いものも表示されてしまいます。「ナレッジパネル内にもし悪い口コミが表示されてしまったら困る」と考えるオーナーも多いでしょう。

悪い口コミは貴重なユーザーからの声として受け止め、サービスの改善に役立てることができればお店や企業の評判向上も狙えます。どんな口コミにも返信し、真摯な姿勢を見せることが大切です。

この姿勢を大切にしていれば、悪い口コミがあってもユーザーからプラスの印象を抱いてもらいやすくなります。いつの間にかリピート数が増えたり、口コミを通して良い評判が広まったりと集客率が自然とアップすることも十分考えられるでしょう。

写真でお店や企業の雰囲気を伝えられる

Google マイビジネスでは、ナレッジパネル内にお店や企業の写真を表示できます。まだ設定していない場合は、ロゴ、商品、スタッフなどPRにつながる写真を設定するといいでしょう。設定する写真の枚数が多ければ多いほど、ユーザーにお店や企業の雰囲気を伝えやすくなると考えることをおすすめします。

また写真の枚数は1枚よりも複数枚のほうが、Googleからの評価が上がるという説もあるようです。設定前に候補写真が以下の条件を満たしているのか確認しておくといいですね。詳細を確認したい場合はこちらからをクリックしてください。

  • 写真の形式:JPG または PNG
  • 写真のサイズ: 10KB~5MB
  • 推奨解像度: 縦720ピクセル×横720ピクセル
  • 最小解像度: :縦250ピクセル×横250ピクセル
  • 写真の品質::1.ピントが合っているもの 2.十分な明るさがあるもの3.オーバーな加工やフィルタ使用していないもの4.雰囲気が伝わりやすいもの

オーナーがGoogle マイビジネスに写真を設定していない場合は、自動的に写真が掲載されていることがあります。この場合に掲載される写真は、ユーザーが撮影した写真とGoogleがホームページなどから見つけた写真の2つです。

「変更しなくてもいいだろう」とオーナーが判断した場合はそのままでも構いません。ただし写真はGoogle マイビジネスを表示した時にユーザーにそのお店や企業らしさをアピールできる部分ですので、力を入れて掲載する写真にこだわったほうが高い集客効果を見込めるでしょう。

インサイトで現状が知れる

Google マイビジネスでは、オーナーが管理するGoogle マイビジネスがどれだけ表示されたかを見られるようになります。登録しなければ分からない情報がいくつも確認できるため、MEO対策に力を入れたいオーナーにもおすすめです。

Google マイビジネスで閲覧数が多い画像、電話した回数、どんなキーワードで検索したのかが確認できるため、ユーザーの目にどれだけ触れているのかも簡単に把握できます。

またカテゴリ別にユーザー数を確認することもできるため、「MEO対策に本格的に取り組んでみたい」と考えるオーナーも満足できるでしょう。

費用をかければ集客効果の伸びしろも高まる

無料でさまざまな機能が利用できるGoogle マイビジネス。オーナーによっては現状に満足できず、「費用をかけてもいいから集客効果を高めたい」と考える方もいるのではないでしょうか。

ここからは、どのように費用をかければGoogle マイビジネスで今よりも多くの集客効果を見込めるようになるのかをご紹介します。

360°写真を掲載してより詳しくユーザーに伝える

インターネット上でユーザーにお店や企業を身近に感じてもらうためには、360°写真を掲載するといいでしょう。掲載するだけであれば費用はかかりません。建物内を360°写真で撮影すれば、外装しか分からないストリートビューと違って建物内の雰囲気や広さを伝えられます。

ユーザーがその場所を訪れる前に知りたいと思っている情報を写真で伝えられるため、訪問時とのギャップ解消になったり、下見の手間を省けたりして満足度も高まることでしょう。

360°写真の撮影はオーナーが自ら行ってもいいのですが、あまり自信がない場合やこだわりたい場合は費用をかけてプロに依頼することをおすすめします。Googleから認定されたプロに依頼すれば、お店や企業の魅力を最大限にアピールできる写真を掲載できるでしょう。

お店や企業への訪問ユーザー数を増やしたい場合は、360°写真を掲載してみてはいかがでしょうか。

アドワーズエクスプレスでユーザーの目に触れやすくする

周囲に競合が多く検索上位にお店や企業が表示されない場合は、入札制の広告配信システム「アドワーズエクスプレス」を利用するのがおすすめです。初めて知る方もいるかと思いますので、概要を簡単に紹介します。

料金形態

アドワーズエクスプレスの料金形態はクリック課金制です。クリック課金とは、クリックされて初めて費用の支払いが発生する課金制度をいいます。つまり、アドワーズエクスプレスは広告を掲載するだけであれば費用が発生しないわけです。

利用前に1日単位・月単位で予算を設定してその中でサービス利用できるため、「かけられる費用が限られている」といったオーナーも安心して利用できます。

予算をうまく設定すれば集客効果が見込める

ただしアドワーズエクスプレスは入札制です。そのため競合よりも設定する金額が低くなってしまうと、思うような集客効果を得られるような運用は難しいと思ったほうがよいでしょう。

うまく予算設定できれば競合よりも優先的に表示されるようになるため、結果的に集客率アップを見込めます。

またアドワーズエクスプレスは店舗や企業をターゲットにしていることから、設定方法も簡単でサービス利用開始までに多くの時間を設定にかけるといったこともありません。

専門業者へMEO対策を依頼する

MEO対策とは、Map Engine Optimizationの略称をいいます。Google Mapへ情報を最適化する施策です。この施策を行うことで、検索結果時に上位表示されやすくなりユーザーの目にとまりやすくなります。

検索キーワードが店舗名や企業名など明確ではなく、地域と業種・業態の場合は検索結果の表示が違うことをご存じでしょうか。この場合は通常のような検索エンジン結果ではなく、Google Mapでの検索結果が上位に表示されます。

表示の順番はGoogle独自のアルゴリズムによって決められるため不透明な部分が多いのですが、それをあれこれと試しながら上位表示を勝ち取るノウハウを開発し提供しているのがMEO対策専門業者です。

オーナー自身で行うこともできますが、集客効果を確実にアップさせたい場合はあらゆるノウハウを持ち合わせたMEO対策を得意とする業者へ依頼することをおすすめします。

株式会社CryptoPieでは、MEO対策の相談を無料で受け付けております。Google マイビジネスで集客効果を高めるにはどうすればいいのかとお悩みの場合は、お気軽にご相談ください。経験豊富なコンサルタントが適切な施策を提案し、集客率アップに向けて全力で取り組みます。

運用代行サービスを利用する

Google マイビジネスを活用して集客数アップを狙うには日ごろから情報更新を心がけたり、ユーザーとの交流を図ったりと意外と時間と手間がかかるものです。オーナーがGoogle マイビジネスを自分で学びながら運用したいと考えるなら別ですが、そうでない場合は運用代行サービスを利用するのもひとつの手だといえます。

現在Google マイビジネスの運用代行サービスを得意とする業者は数多くいますが、業者によって実績や持ち合わせているノウハウにバラつきがあるためオーナー自身で調査して業者を選定することが大切です。

まとめ・集客数が伸びない場合は費用をかけるのがおすすめ

今回は、Google マイビジネスという集客ツールについてお伝えしました。今回のポイントを簡単にまとめたので確認してください。

本記事のポイント

  • Google マイビジネスは無料の集客ツール
  • 集客率を高めるには費用をかけて、MEO対策やGoogle マイビジネス 運用代行サービスを活用するといい

MEO対策やGoogle マイビジネスの運用代行サービスを提供する業者は、それぞれ持ち合わせている実績やノウハウは異なります。依頼する際は自分がどれくらいの集客効果を求めているのかを相手に伝え、オーナーにぴったりのサービスを提供してくれる業者を選びましょう。

誹謗中傷被害の相談をする

-ブランディング
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 誹謗中傷対策サービス&情報 - WEBLEACH(ウェブリーチ) | 株式会社クリプトパイ , 2021 All Rights Reserved.