キーワード対策

逆SEOっていくらかかるの?気になる費用相場や実際の対策方法を紹介

2019年11月29日

逆SEOをサービスで扱う企業が増えています。ネット風評被害が目立つ今の時代、対策は必須。ただ費用の相場が分からず、なかなか対策に踏み込めない企業も多いという話を聞きます。

そこでネット風評被害に合うことでどういったことが起きてしまうのか解説しながら、逆SEOでかかる実際の費用相場と具体的な対策案をまとめました。
費用相場だけ知りたいという方は「もくじ」から読み飛ばして頂いて大丈夫です。

もくじ

ネット上の誹謗中傷・風評被害の放置は怖い

人々の生活にすっかり浸透したインターネット。多くの人が食事に行くとき、旅行に行くとき、求人を探すとき、店名や旅館名、企業名を検索し、口コミ等を調べるのが当たり前になりました。

そこで、誹謗中傷されているとユーザーは必ず敬遠してしまいます。多くの方が思っている以上にネット上の誹謗中傷や風評被害されているお店や企業があるだけで敬遠してしまうのです。

もし誹謗中傷や風評の被害に会った場合は迅速な対応が望まれますが、拡散力が強すぎてなかには対応不可能なケースもあります。

では、実際にどのようなリスクがあるのかを確認してみましょう。

ブランドイメージの大幅な低下

企業やお店はたった1回でも不祥事や疑惑が発覚するとブランドイメージが大幅に低下します。例えば以前大きな問題になった「バイトテロ」による風評被害です。アルバイトや社員が、TwitterやInstagram、TikTokなどのSNSを用いて、不適切な悪ふざけ動画を投稿して炎上を繰り返していました。

これは対応がむずかしいケースのひとつでもあります。

実際の事例をここでご紹介します。

老舗のそば屋『泰尚』の倒産

東京都多摩ニュータウンにあった老舗のそば屋『泰尚』がアルバイトによる不適切画像で倒産を余儀なくされました。アルバイトの学生が食洗器に足を入れるという行為をTwitterに投稿したのです。飲食店にとって清潔であることは重要事項です。

「不潔」という内容のリツイートもによって、またたく間に広まりました。このバイトテロからわずか2ヶ月で倒産し、損害は3300万円にのぼります。

その後、アルバイトの学生に対して1385万円の損害賠償を求めて提訴するも、若い金額は結局129万円という情報が出ています。また、学生からは一切の謝罪もないという後味の悪い事件でした。

ブロンコビリーの閉店

東京・足立のステーキハウス『ブロンコビリー』で、学生アルバイトがキッチンの業務用冷蔵庫に入り、顔だけ出した状態で写真撮影しました。これをTwitterに投稿して大炎上した結果、バイト先には苦情の電話が殺到。

運営本部はすぐに店舗の休業、学生アルバイトの解雇を発表しましたが、炎上状態は続き、1週間で閉店となってしまいました。

上記の通り、ネット上の風評被害によって、大きな損害が出る可能性は非常に高いです。

人材確保がむずかしくなってくる

求職者の多くが応募・内定している企業の名前を検索します。その時に、万が一ネガティブな情報に触れてしまうと雇用の損失につながります。その結果、採用予算の修正を余儀なくされることも多いです。

また、既存社員のモチベーション低下も引き起こし、離職に拍車がかかります。

子供のいじめにつながる恐れもある

親御さんの逮捕歴等がネットで発見されることで、子供へのいじめにつながるケースもあります。

また、学校の裏サイト等でいじめの対象である子供の名前が書き込まれる事態も増えてきました。子供が書き込むので罪の意識も低いのに対し、影響力は大きいのが大変厄介です。

逆SEOの専門企業に依頼する際の費用相場は?

被害が大きくなる前に誹謗中傷・風評被害を対策する際に、依頼しやすいのが逆SEOを専門で扱う企業です。逆SEOを行なうにあたり費用はどれほどなのでしょうか?

まず、大前提で逆SEOを扱う企業は料金体系が2通りあります。依頼する企業がどちらに該当するのかも重要なポイントです。

定額制

「定額型」は月額が決まっていて、その料金を支払うことにより、業者が逆SEO対策を行ないます。サービス対象が企業と個人とでは料金が異なるケースも多いです。比較すると企業のほうが相場が高い傾向にあります。

月額料金だけではなく、初期費用などを計上する企業もあるので、予め調べておきましょう。

【こんな人は定額型がおすすめ!】

・ペナルティを受けない正統派SEOで勝負したい
・社内にSEOのノウハウを蓄積したい
・今後長く付き合えるSEO会社と取引したい
・安定して上位表示できるようにしたい
・積極的に施策を提案して欲しい

成果報酬型

こちらはその名の通り、成果に対して料金が発生します。実績が出たら費用が発生する仕組みなのでコストを抑えやすいのが特徴です。しかし、実際は別途月額費用、もしくは着手金が発生するケースが多くあります。

【こんな人は成果報酬型がおすすめ!】

・上位表示するまでコストはかけたくない
・なるべく契約期間を短くしたい
・時間が割けないので丸投げしたい
・短期間で効果の有無をテストしたい
・初期投資は会社の稟議が通らない

定額制の費用は月額5万円~30万円が相場

定額制の逆SEO関連会社に依頼する際の費用は月額5万円~30万円が相場です。逆SEO施策は案件によって難易度が大きく異なります。簡単なものであれば数日~2週間程度で誹謗中傷サイトを下位以降にできます。

しかし、難易度が高いと作業量は多くなり、取得するドメインの数も増えます。Webサイトの構築やSNSアカウントの作成・更新、サーバー構築などの規模感によっては予算を超えるケースもあるでしょう。

成果報酬型の費用は10万円~20万円

成果報酬型はネガティブ記事が実際に下位できた段階で費用が発生します。その際の成果報酬は10万円前後であるケースがほどんどです。

ただ、先述しましたが着手金や固定の月額費が同時に発生する場合もあります。よって、1記事あたり15万円~20万円と捉えてもいいでしょう。

逆SEOの会社が実際に行なう対策とは?

ここからは定額制、成果報酬型に関係なく、両者が実際にどのような施策を行なうのかをチェックしていきます。

①ブログやWebメディアでコンテンツを複数作成する

逆SEO対策で一番メインで行なう手法がブログやWebメディアで複数のコンテンツ作成する方法です。これらがGoogleに評価され、既存のネガティブ記事よりも上皮表示されるように作り込みます。逆SEOを扱う会社が所有するブログやWebメディアはSEOで上がりやすいように内部設計が施されており、結果が出やすいのが特徴です。

また、今後も自分たちで所有できるオウンドメディアを専用で構築することも可能です。オウンドメディアの構築は別途費用がかかりますが、公式が扱うサイトにもなるので、今後のプロモーションにも活用できます。何よりSEOで上位表示されやすいというメリットが大きいです。

②facebook、Instagram、Twitter等のSNS運用代行

企業用・個人用のfacebook、Instagram、Twitter等のSNSアカウントを作成、運用を行ないます。既存でアカウントがある場合はそちらを渡して、検索上位に表示されるように施策を重ねます。商品PRや新規サービスの紹介などを同時に進めるので、売上を伸ばすことにもつながりやすいです。

プロのSNSマーケターが関わるので、新規フォロワーの獲得やシェア率アップも期待できます。

③被リンクによって評価を上げる

無料ブログや有料ブログ、Webサイト、オウンドメディアを作成したら別のサイトから被リンクを貰います。被リンクとは外部のサイトから設置されたリンクです。わざわざ設置されているリンクということは良質なコンテンツであるとGoogleは評価します。

これによりSEO的にも上位表示させるべきサイトであると認識されるのです。

ただ、被リンクやたらと設置されればいいわけではありません。関連性のないサイトやアダルトサイトに設置されると逆にSEOでマイナスに働く可能性が高いです。

④投稿型サイトで良い口コミを増やす

Yahoo知恵袋や教えてgooなどの口コミサイトに質問を投稿し、企業や個人にとってプラス材料になるポジティブ回答を増やします。

また、クライアント様の了承を得て、Wikipediaの編集を行なうことで上位表示も可能となります。

記事削除は逆SEO専門の企業ではできない

逆SEOでポジティブ記事を増やすだけでなく、どうせならネガティブ記事を削除したい。そう考える方々も多いですが、基本的に逆SEO専門の企業は記事削除を行ないません。

では、記事削除まで検討する際はどうすればいいのでしょうか?

記事の削除は弁護士に依頼する

ネガティブ記事を完全に削除したいのであれば弁護士に相談することになります。弁護士は法的アプローチによってあなたに代わり記事削除申請を行なってくれます。

具体的にどんな方法があるのか確認してみましょう。

①サーバー管理者に連絡して記事削除を依頼

弁護士はサーバー管理者に対して「削除依頼の内容証明郵便」を送ることで、ネガティブ記事の削除要請を行ないます。これによりサーバー側はネガティブ記事を投稿したユーザーとコミュニケーションを取ることになります。サーバー管理者の要請に対して記事作成者が「Yes」と答えた場合は、およそ10日前後で記事が消えます。

ただし、確実に記事の削除が保証されるものではありませんのでご注意を。

②ドメイン登録代行業者に連絡して記事削除を依頼

上記と似た方法でドメイン登録代行業者にアプローチするケースもあります。流れもほとんど同じで、ドメイン代行業者に対して「削除依頼の内容証明郵便」を送るものです。こちらも必ず消せるわけではありませんが、ドメイン管理者の要請に記事作成者が従った場合は、10日前後で記事が消えます。

③仮処分を使った法的手段

裁判所に申請を出し、記事の削除を求める仮処分を行ないます。これまでと違いネガティブ記事を強制的に削除させるための手続きです。ここで重要なのは被保全権利(侵害を受けている権利)と保全の必要性(侵害を受けていること)を証明することです。

証明さえできれば仮処分命令が出て、サイト運営者は強制的に記事を削除せざる負えません。例えサイト運営者が大手企業であっても、仮処分命令は効力を発揮します。

ただし、費用面と時間的拘束は大幅にアップします。

弁護士に任せることで被害が大きくなることも

弁護士は法律を武器にしているので、相手側に対しての当たりが強い傾向にあります。また、相手の意見も否応なしに被保全権利、保全の必要性を証明できれば強制的に記事を削除させることが可能です。

そのため、相手からの反感を得やすく、より拡大した二次的被害を起こす可能性もゼロではないのです。弁護士に依頼する際は慎重になったほうが賢明です。

誹謗中傷対策はプロに任せるのがベスト

ネット上の誹謗中傷は時間が経過すればするほど被害が拡大する恐れがあります。そして、該当する誹謗中傷記事のサイトパワーが強くなってしまえば、引き下げるのも削除するのも困難です。

いくつか誹謗中傷に関する対策をご紹介してきましたが、最もおすすめなのはプロに任せてしまうことです。

プロというと「逆SEO専門家?」「記事削除する弁護士?」と迷うかもしれません。彼らも確かにプロですが、ここでいうプロとは誹謗中傷対策のプロフェッショナルです。

誹謗中傷・風評被害にお困りの企業はCryptoPieへご相談を!

株式会社CryptoPieは誹謗中傷・風評被害に対して新しい切り口から対策を施します。

弁護士による記事削除、誹謗中傷専門企業のノウハウ、自社でのアプローチ。

これらすべての良いところを汲み取った誹謗中傷・風評被害コンサルタントとしてお手伝いさせていただきます。

実際にどんなサービスを提供しているのか?

私たちは以下のサポートを徹底して行ないます。

・完全無料で何でもご相談可能

・逆SEOによるネガティブ記事の引き下げ、ポジティブ記事の量産

・個人でできる記事削除コンサルティング

・お客様が希望する施策の実施

完全無料で誹謗中傷に関するご相談をお受けします!

誹謗中傷行為にあったらとりあえず弁護士に相談だけしてみよう!

そう考える方が多いのですが、弁護士は相談料が必ず発生してしまいます。

株式会社CryptoPieでは企業・個人を脅かす誹謗中傷に関する相談を完全無料で行なっております。

また、時間制限も設けておりませんので、「あれも聞いておきたかったな」といった漏れも防げます。

担当の営業に直接ご連絡いただければ、直接お会いしなくても対策案を出すことも可能です。

まずは、お気軽にご相談だけでもご検討ください!

ご相談はコチラ

 

逆SEOのプロが在籍しているので高度な対策も可能!

株式会社CryptoPieには逆SEOのプロが在籍しています。

お客様が困っているネガティブ記事を全力で引き下げるお手伝いをさせていただきます。

弊社は複数の自社メディアを所有しており、そちらのサイトを使ってポジティブ記事をアップすることで、ネガティブ記事を下位に表示させます。

オウンドメディア構築によって効果大!

また、お客様が保有するオウンドメディア構築も承っています。

このオウンドメディア構築は非常にスピーディーなネガティブ記事引き下げが可能です。

企業側が公式的に保有するサイトになるので、SEO的にも非常に上がりやすいのが理由のひとつ。

もうひとつはSEOのプロが高度な内部設計を施すため、記事が上位表示されやすいカタチで納品させていただきます。

記事が更新できないという企業様も多く存在します。

弊社でははじめにサービスで記事を複数アップさせていただきます。

必要に応じて継続的に記事アップを承ることも可能です。

SNSマーケティングのプロも在籍しています

株式会社CryptoPieにはSNSマーケティングのプロも在籍しております。

企業の顔となる公式のfacebookやInstagramの設計から運用までお任せください。

これらをSEOと組み合わせ上位表示させることで風評被害を最大限防ぎます。

さらに、圧倒的なスピード感でフォロワーを増やすことができるので、潜在層を一気に顧客化させることも可能です。

誹謗中傷を防ぐという枠ではなく、売上アップを見込める施策なのです。

人気ブロガーを使ったネガティブ記事の引き下げ

弊社では多くの人気ブロガーとも提携しています。

彼らにポジティブ記事を作成してもらうことによって、ネガティブ記事を下位に移動させることが可能です。

各ジャンルによって得意分野があるので、お客様のサービスに合わせたブロガーに依頼させていただきます。

弁護士に高額で依頼する削除記事をご自身で!

弁護士だけができる唯一の強みが「記事削除」です。

ネガティブ記事の引き下げではなく、完全消去できるのは、企業側としては嬉しい部分でしょう。

しかし、記事毎にコストが発生するのも事実です。

弊社では他の逆SEO専門会社では扱わない「記事削除コンサルティング」も行なっています。

ご自身の手で記事削除ができるようになれば、今後の対策も可能です!

自由な組み合わせで誹謗中傷対策もできます!

株式会社CryptoPieでは型にはめたような逆SEO施策は行なっておりません。

例えば「公式サイトも一新したいし、オウンドメディアもつくってみたい、採用ページもつくりながら逆SEOに活用したいな」

このような無茶とも思える要望にもお応えすることができます。

様々なアプローチによって、誹謗中傷を極力減らし、自社のブランド価値を高めることが可能です!

ぜひ、一度無料のご相談だけでもご検討ください。

業界最安値で企業・個人の誹謗中傷対策を請け負います!

株式会社CryptoPieは多彩な施策だけが魅力ではありません。

目指すのは業界最安値の料金体系です。

料金サンプル

逆SEO施策→月額20万円(税別)

サジェスト・関連キーワード対策→月額6万円(税別)

Google口コミ対策→月額5000円(税別)

オウンドメディア構築→50万円(税別)

万が一他の企業様よりも高額だった場合は、一度ご相談ください。

よりリーズナブルな価格でサービス提供をさせていただきます。

ご相談はコチラ

 

誹謗中傷被害の相談をする
かんたん見積りをしてみる

-キーワード対策
-, , ,

Copyright© 誹謗中傷対策サービス&情報 - WEBLEACH(ウェブリーチ) | 株式会社クリプトパイ , 2020 All Rights Reserved.