口コミ投稿対策

ホスラブのコメント投稿削除方法!書き込みをした人を特定する方法も

2020年1月15日

ホスラブは夜の業界で働く方の情報交換サイトになります。本来は業界全体の活性化のために作られたサイトになりますが、誹謗中傷に関するものであったり、悪意のあるコメントが数多く書き込まれているのが現状です。このような誹謗中傷コメントによって精神的苦痛を経験し、退職にまで追いやられるケースも目立ってきています。

悪意のある誹謗中傷を受けると、とても不快になりますし、精神的にも悪影響を与えてしまうかと思います。こういった誹謗中傷に悩んでいる方のために、この記事ではコメントの削除方法や書き込みをした人物の特定方法、投稿による炎上を未然に防ぐ方法などについてお伝えしていきますので是非、参考にして下さい。

ホスラブのコメント投稿削除方法

ホスラブのコメント投稿を削除するためにはまず、ホスラブのガイドラインを確認する必要があります。ホスラブでは全ての投稿が削除されるわけではありません。ガイドラインの規約に反している投稿が削除されます。なので、まずはどのような投稿がガイドラインの規約に違反するのかを確認していきましょう。

ホスラブのガイドラインを確認する

投稿の削除依頼はホスラブの運営に申し出ることが出来ます。しかし、ホスラブの運営に削除依頼をする前に一度、ホスラブのガイドラインを確認する必要があります。なぜならホスラブの「削除依頼ガイド」には

削除依頼は以下の手順に従っていない場合、受付られません。ご注意ください。
引用:http://news.hostlove.com/delete/index.cgi?a=kanto&file=guid

と記載してあり、ガイドラインの手順に沿っていない依頼の受付はしていないからです。

ガイドラインを確認し、どの部分が規約に違反しているのかを運営に伝えることで投稿を削除できる可能性が高まります。「削除依頼ガイドライン」に記載されている削除対象項目は以下の5つです。

削除依頼ガイドライン

  1. 個人名・住所・所属
  2. 電話番号
  3. メールアドレス・ホスト情報
  4. 誹謗中傷
  5. 私生活情報

投稿の内容が上記5つの項目のうちどれかに当てはまっていれば削除される可能性は高くなります。以下に削除される投稿の例をまとめましたので参考にしみて下さい。

個人名・住所・所属について

個人名や住所、所属について記載されている投稿は削除対象になります。

  • ここで働く〇〇さんは以前ヤクザだったようだ
  • 〇〇さんの住所は〇〇らしい

のように個人の情報が開示されてしまっている場合は、ガイドラインの規約に反していることを伝え、削除の依頼をしましょう。

電話番号について

こちらも個人情報の公開になりますので削除の対象となります。

  • 〇〇の電話番号は〇〇だ
  • 〇〇の電話番号は「090-△△49-56△△」だ

のように電話番号の一部が公開されている場合でも削除の対象になります。

メールアドレス・ホスト情報について

こちらも電話番号同様、個人情報の公開になりますので削除対象になります。

誹謗中傷について

恐らく削除依頼を出す際に一番多い理由が「誹謗中傷」ではないでしょうか?個人に対する暴言などの誹謗中傷の投稿は削除対象となります。しかし、その内容が事実であれば削除してもらうことは難しくなります。

  • 〇〇がお客さんに対して暴力を振っていた

という投稿の場合、これは誹謗中傷にあたりますが、この投稿内容が事実ではないことを証明できなければ削除してもらえる可能性は減ってしまうので注意しましょう。

私生活情報について

  • 〇〇が通っているジムの場所は〇〇だ

のような個人のプライベートに関する情報も削除対象となります。ただし、個人がTwitterなどで発信している内容の場合は「プライベートの情報公開」に該当しないので注意しましょう。誰にも公開してほしくない情報や、公開されてしまったら困るような情報の場合は削除可能です。

上記5つの項目の中で該当するものがあった場合はホスラブの運営に投稿の削除を依頼することができます。

ホスラブの運営に削除を依頼する

「削除依頼ガイドライン」を確認し、投稿内容がガイドラインの規約に違反している場合はホスラブの運営に投稿の削除依頼をすることができます。削除の依頼は以下の手順で行うことが可能です。

1-1:削除申請フォームにアクセス

まず、削除申請フォームにアクセスします。ここで注意すべき点は削除フォームは各地域で異なるということです。掲載されている地域によって削除申請フォームは異なるので注意して下さい。以下、それぞれの地域の削除申請フォームになります。

1-2:スレッド番号の記入

各地域の削除フォームにアクセスした後はスレッド番号の記入をしていきます。スレッドの番号はURL末尾の14桁の番号になります。削除したいスレッドのURLをコピーすると以下のように下14桁が数字になっていると思います。

http://kanto.hostlove.com/cak/20200108193730/1

この14桁の数字がスレッド番号になるので、その14桁の数字を記入しましょう。

1-3:レス番号の記入

ホスラブの「レス番号」は投稿の左上に記載されているI以下の吹き出しマークの数字になります。

こちらに記入する数字は必ず半角で記入しましょう。また、削除したい投稿が複数ある場合は「250,251,256」のようにカンマで区切って記入して下さい。

1-4:削除理由の記入

最後に削除理由を記入していきます。削除理由を記入する際は「ガイドラインのどの部分に違反しているのか」と「レス暗号」を必ず明記しましょう。

参考

レス番号〇〇がガイドラインの「誹謗中傷」に違反していると考えられます。投稿内容のような事実は全くなく精神的苦痛を受けているので、レスの削除をお願い致します。

上記ような形でホスラブの運営に削除の依頼をしましょう。削除は96時間以内を目途に行うようなので、この期間を過ぎても対応されない場合や、投稿の削除申請が通らなかった場合は弁護士を通じて削除申請することをオススメします。

弁護士に依頼する

運営側に投稿の削除を依頼しても、応じてもらえない場合は弁護士を通じて依頼することも可能です。個人で依頼するよりも弁護士を通じて依頼することで投稿が削除される可能性は高まります。弁護士に依頼をする場合はネットの問題解決に詳しい弁護士に依頼をしましょう。

過去に様々なネットの問題を解決してきた弁護士であれば豊富な事例を抱えています。なので、ネット上の誹謗中傷や悪意のあるコメントの削除に関しても的確なアドバイスをすることができます。

弁護士に投稿の削除を依頼する場合は一般的な相場として着手金で5万円~10万円程度、成果報酬金として5万円~10万円程度となります。弁護士に依頼しても100%記事を削除できるという保証はありませんが、資金に余裕がある場合は試してみても良い方法だと思います。

書き込みをした人を特定する方法

ホスラブは18歳以下閲覧禁止で匿名のため、誰が書き込みをしたのか知ることができません。書き込みによって精神的苦痛を味わい退職する人や、売上の大幅な減少によって閉店に追い込まれるといったケースも存在しているので、そういった場合は書き込んだ人物を特定したいという気持ちになると思います。

書き込みをした人物を特定するためには「発信者情報開示請求」を利用します。「発信者情報開示請求」とは簡単に説明すると”書き込みをした人物の個人情報の公開を求める方法”になります。

発信者情報開示請求を行うためには「発信者情報開示請求書」を手に入れる必要があります。こちらからダウンロードすることができるので確認してみて下さい。

発信者情報開示請求書をダウンロードした後は以下のような流れで個人情報の開示を求めていきます。

ホスラブのサイト管理者に対して投稿者のIPアドレスの公開を求めます。IPアドレスを特定することができたら次はネットプロバイダに対して個人情報の開示請求を行います。この際、ネットプロバイダが相手に対して個人情報の開示許可を求めます。相手がそこで個人情報の開示を許可した場合はコメントの投稿者を特定することができます。

投稿者を特定することができた場合は名誉毀損やプライバシー侵害で訴えることも可能です。名誉毀損やプライバシーの侵害の場合は損害賠償として概ね以下のような金額を相手に請求することができます。

ポイント

  • 名誉毀損(一般人)10〜50万円
  • 名誉毀損(事業主)50〜100万円
  • プライバシー侵害10〜50万円
  • プライバシー侵害(ヌード写真の公開)100万円以上

もし相手に損害賠償を求める場合は上記のような金額を参考にしてみて下さい。

投稿による炎上を未然に防ぐ方法

ホスラブのような大きなサイトの場合、投稿された内容が炎上してしまい、大きな被害を生み出してしまう場合もあります。コメントの投稿自体を未然に防ぐことは難しいかもしれませんが、投稿後の炎上を最小限に抑えることは可能なので、ここではその対処法についてお伝えします。

投稿による炎上を未然に防ぐためにはホスラブのような掲示板の投稿内容を常に確認する必要があると思います。投稿内容を常に確認していれば誹謗中傷の投稿がされた場合でもすぐに対応することができ、事態の拡大を防ぐことができるからです。しかし、普段の忙しい日常生活の中でずっと投稿内容を監視することは、かなりの労力になると思います。

なので、そういった方にオススメの方法が投稿監視サービスです。

投稿監視サービスを利用すれば24時間ずっとネットパトロールをしてくれるので、自分で投稿内容を確認する必要はありません。投稿監視サービスには様々な種類があり、「コミュニティサイト」「SNS」「Facebook」「インスタグラム」など様々な媒体での投稿内容の確認が可能となります。

料金の相場としては1媒体あたり概ね月額10万円程度となっているので、ネット上の誹謗中傷投稿にすぐに対応したいと思っている方は是非、活用してみて下さい。

ホスラブのコメント投稿削除方法まとめ

この記事ではホスラブのコメント投稿削除方法についてまとめました。ホスラブは匿名性の高いサイトであるため、個人が簡単に誹謗中傷の投稿をすることができてしまいます。投稿1つで精神的苦痛により退職したり、お店の売上が大きく減少する場合もあるので、このような投稿を見つけた場合は早急に対応しましょう。

投稿されたコメントを削除する手順としては以下の通りです。

削除手順

  1. ホスラブのガイドラインを確認する
  2. ホスラブの運営に削除を依頼する

上記の手順を踏んで投稿が削除されない場合は弁護士などを通じて削除申請をしましょう。ネットの問題解決に強い弁護士に相談することでいち早く解決することができるかもしれません。

また、今後誹謗中傷などの投稿による炎上を未然に防ぐ方法としては投稿監視サービスなどがあります。ネット上の投稿内容を監視して安心したい方はこちらのサービスの方も対策として活用してみて下さいね。

ネットで誹謗中傷を起こさせない!今すぐできるリスク対策とは

誹謗中傷被害の相談をする
かんたん見積りをしてみる

-口コミ投稿対策
-, , , ,

Copyright© 誹謗中傷対策サービス&情報 - WEBLEACH(ウェブリーチ) | 株式会社クリプトパイ , 2020 All Rights Reserved.