風評被害対策

自分の名前を検索したことある?不利益な情報への対策と対処法を紹介

あなたは検索エンジンで「自分の名前」を検索したことがありますか?仮に検索したとして、頭を抱える事態になる可能性は十分あります。

検索結果のほとんどが悪評や流出して欲しくない写真で埋め尽くされていた場合、検索結果の削除や非表示の可否、法的措置を取れるのかどうかなど対処法を探し実践するのが先決です。

そこで今回は検索エンジンで「自分の名前」を検索し、誹謗中傷や風評被害につながる可能性があり悩んでいる人に向けて対処法を紹介します。

本記事で分かること

・自分の名前を検索エンジンで検索して分かることは何か
・対処法にはどのようなものがあるのか
・誹謗中傷や風評被害に関する適切な相談先はどこなのか

不利益な情報への対処法に関しては、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

Yahoo!関連検索ワード(虫眼鏡)の削除方法まとめ

インターネットで自分の名前や自社について検索した際、Yahoo!関連検索ワード(虫眼鏡)にネガティブな検索ワードが表示されて困っていませんか?関連検索ワードは多くのユーザーの目に触れる部分であるため、 ...

続きを見る

サイトに悪口が書かれている!?削除する方法を解説!

今や多くの人が所有しているスマートフォン。あなたはどのように活用しているでしょうか。調べ物をしたり、何か予約をしたり非常に便利ですが、このスマートフォンが原因で悲しい思いをしている人が増えていることも ...

続きを見る

自分の名前を検索したらどんなことが起きる?

これまでにインターネット上で自分の名前を検索したことがある人は、一定数いるのではないでしょうか。まだ検索したことがない人は、一度検索してみることをおすすめします。

多くの場合ではインターネット上で自分の名前を検索したとしても、個人情報や写真が表示されるケースは少ないです。しかし実際に自分の名前を検索してみることで非常にまずい状況にあることを発見するケースもゼロではないのです。

すぐに対策を講じたくなる結果の場合も

自分の名前を検索して評判が良く全体的にプラスの結果になっていれば、検索結果に悩む人はほとんどいないでしょう。ただしその逆の場合は、どんな対処法があるのかを瞬時に調べる必要があります。以下のような場合は、問題解決に向けて早めに動き出すことをおすすめします。

・検索結果に写真が表示されたことで、プライベートの写真が流出していることに気付いた。(流出元がSNSであることも)
・検索結果のほとんどが悪評であり、このままだと自分自身のイメージダウンにつながるリスクがあることに気付いた。(同姓同名の人の悪評による影響を受けている可能性もゼロではない)

検索エンジンの検索結果に表示される記事や写真などを削除・非表示する対処法は、後程紹介しますので確認してみてください。ただし、自分でできる対処法には限界があることは頭に入れておいたほうがよいでしょう。

自分への影響を最小限にする対策は?

対処法をお伝えする前に、検索結果に表示される悪評に対して今からでもできる「影響を最小限にする対策」を紹介したいと思います。実施したことで大きな効果を得られるかどうかは人それぞれですが、インターネット上で自分自身を発信するきっかけになると考えれば楽しみながら取り組めるのではないでしょうか。

対策①:コミュニティサイトなどを活用する

気軽にできる対策のひとつにコミュニティサイトの活用があります。コミュニティサイトは横とのつながりを強化しやすく、インターネット上での知り合いを増やすのにはうってつけです。

数あるSNSのなかでもおすすめなのが、ビジネス特化型SNS「LinkedIn(リンクトイン)」。世界最大規模のSNSサービスであり、仕事柄すでに登録している方もいるでしょう。何かひとつでも得意分野があれば、記事にコメントを残し自分自身の考えをアピールしながら交流を図っていくことをオススメします。

自分でコンテンツを作成し情報発信する

自分らしさを取り入れながら情報発信したいという場合は、オリジナルコンテンツの作成がおすすめです。身近なものでいうとブログやホームページの開設・更新でしょうか。

どのような形でも構いませんので、とにかく自分らしさを取り込みながら継続的に情報発信することが大切です。オリジナルコンテンツが多くの人に評価されれば、時間はかかるかもしれませんが自分の名前で検索して上位表示される日が来る可能性も十分あります。

個人で行う自分の名前を検索結果から削除するための対処法

自分の名前を検索結果から削除する対処法は、「サイト管理者へ削除依頼」と「検索エンジンへ削除依頼する」の2つです。それぞれどのような流れで対処するのが適切なのか紹介します。

対処法(1)サイト管理者へ削除依頼

「サイト管理者へ削除依頼」することは実に効果的な対処法です。検索結果で表示される悪評につながる記事から自分の名前が消えれば、そこから始まる誹謗中傷や風評被害から身を守ることができます。

ただしサイト管理者が削除依頼を受け入れ、正しく対応したとしても実際に検索結果として表示されなくなるまでには日数がかかることは知っておきましょう。平均で数週間~数か月かかるといわれています。

サイト管理者への削除依頼と注意点

■方法
問い合わせフォームがあれば直接問い合わせる
(投稿日時・掲載ページ・削除依頼詳細・削除依頼する理由)
■注意点
プライバシー侵害や名誉棄損など法的に争う部分がはっきりしている場合は、初めから弁護士に相談するほうがスムーズなこともある
・専門家への相談をおすすめする理由:逆恨みで記事を作成し公開している場合もあるため

対処法(2)-1検索エンジンへ削除依頼

検索エンジンへ削除依頼するには、削除依頼の内容に合った申請フォームから申請しなければいけません。またYahoo!検索のデータ取得先はGoogleであるため、まずはGoogleに削除依頼しましょう。承認を得られれば、Yahoo!検索でも検索結果から依頼した内容は削除され表示されなくなります。

■画像や電話番号などのプライバシーに関する事
個人情報削除のリクエスト
■名誉棄損や著作権侵害
法的なコンテンツ削除のリクエスト

対処法(2)-2検索エンジンへ画像の削除依頼

誹謗中傷や風評被害につながるのは、検索結果に表示される記事だけではありません。画像も対象となります。検索エンジンに画像の削除依頼方法を、今回はGoogleに絞ってお伝えします。

1.削除依頼したい画像を表示する
Google画像検索で削除依頼したい画像を表示し、サムネイルを右クリックして「リンクのアドレス」をコピーする
2.申請フォームから申請する                                                         「古いコンテンツの削除」へ移動し、「削除をリクエスト」欄に先ほどコピーしたアドレスを入力し、送信する

個人での削除が難しいと感じた時の対処法

先ほど紹介した対処法では足りない、削除することが難しいと感じた時はどうすれば良いのでしょうか。ここからは、自分の名前の検索結果に対して個人でできることをやりつくしたにも関わらず、改善されない際に取るべき対処法を紹介します。

誹謗中傷対策を得意とする企業へ相談

自分では解決できそうもない場合は、誹謗中傷対策を得意とする企業へ相談するのもひとつの手です。

自分の名前を検索したときに表示される悪評の原因となっている記事や画像の削除はできないものの、逆SEO対策を実施することで検索上位に不利益な記事が表示されない状態に近づけるかことが可能です。

インターネット上での誹謗中傷や風評被害に関する無料相談を弊社では随時行っております。お気軽にご相談ください。

弁護士へ相談

少しハードルが高いと感じる人もいるかもしれませんが、法律の専門家である弁護士へ相談するのもおすすめです。

サイト管理者が削除に応じない場合は、裁判(仮処分)の手続きで無事に削除されることもあります。弁護士に相談する場合は、インターネット分野を得意としある程度実績があるかどうかで判断するとよいでしょう。

まとめ・ひとりで悩まずに誰かに相談を!

今回は、検索エンジンで自分の名前を検索して検索結果が悪評につながる記事や写真ばかりだった場合の対策や対処法を紹介しました。以下にポイントをまとめましたので確認してみてください。。

本記事のポイント

・定期的に自分の名前を検索することが大切
・自分の名前を検索して悪評や写真が検索結果に表示されたら速やかに対処する
・自分でできる対処方法は、「サイト管理者へ削除依頼」と「検索エンジンへ削除依頼」の2つ
・削除依頼で解決しない場合は、誹謗中傷や風評被害ジャンルを得意とする企業または専門家へ相談する

問題ないだろうと放置してしまうと、知らない間に大きな問題に発展する可能性は十分あります。対策や対処は後回しにせず、早めに取り組むことが大切です。

誹謗中傷被害の相談をする

-風評被害対策
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 誹謗中傷対策サービス&情報 - WEBLEACH(ウェブリーチ) | 株式会社BLITZ Marketing , 2021 All Rights Reserved.