誹謗中傷対策

芸能人なりすましYouTuberを逮捕することは出来る?逮捕する方法も徹底解説!

2020年7月1日

子供の将来なりたい職業ランキングでは常に上位に入っているYouTuber。美容系YouTuberやエンタメ系YouTuberなど、様々なジャンルのYouTuberが存在しているのですが、最近は芸能人なりすましYouTuberとして活動している人もいます。

あまりにも酷い動画を投稿され続けてしまうと、自分のブランドやイメージが損なわれてしまう危険性があるので「芸能人なりすましYouTuberを逮捕したい」と思っている被害者も多いのではないでしょうか?

そのような方のために、この記事では芸能人なりすましYouTuberを逮捕することが出来る可能性や逮捕する方法などについて具体的にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

芸能人なりすましyoutuberを逮捕することは出来るのか?

まず結論から言いますと、刑事法令に規定されている犯罪行為に当てはまっているのであれば、芸能人なりすましyoutuberを逮捕することが出来ます。

刑事法令に規定されている犯罪行為とは?

  • 名誉毀損罪:公然と事実を摘示して、人の名誉を毀損した場合に成立する。
  • 侮辱罪:事実を摘示していなくても、人を侮辱した場合に成立する。

しかし、刑事法令に規定されている犯罪行為に当てはまっていたとしても、被害の程度によっては逮捕することが出来ない場合もあるのです。警察は事件を捜査して犯人を逮捕する専門機関ですが、罪に当てはまる人全員を逮捕していたら切りがありません。

そのため、「違法性が高い」と判断された事件のみ警察は動き出します。つまり、警察に動いてもらい、芸能人なりすましyoutuberを逮捕してもらうためには違法性の高さや被害状況などを詳しく伝える必要があります。

芸能人なりすましyoutuberを逮捕する方法

ここでは、芸能人なりすましyoutuberを逮捕する方法を具体的に説明していきます。

警察署に提出する告訴状をダウンロードする

芸能人なりすましyoutuberを警察に逮捕してもらうためには、「刑事告訴」を起こす必要があります。

刑事告訴とは?

刑事告訴とは、芸能人なりすましyoutuberの行動や発言によって被害を受けた本人が警察に犯人の逮捕を依頼すること

しかし、警察署に行き、「刑事告訴を起こしたいです」と言ってもいきなり刑事告訴を起こせるわけではありません。

まずは刑事告訴を起こすために必要な「告訴状」をインターネットからダウンロードしましょう。自分で告訴状を一から作成するのは難しいと考えられますので、インターネット上にある告訴状のテンプレートを活用してみてください。

告訴状に被害状況や当てはまる罪などの必要事項を記入する

インターネットから告訴状をダウンロードした場合、次は被害状況や当てはまる罪などの必要事項を告訴状に記載しましょう。どのようなことを記載すれば良いか分からないという人は、最低限以下の内容は記載するようにしましょう。

告訴状に記載すべき内容

  • 告訴状を作成した日付
  • 警察署の署長名
  • 被害者の氏名と住所
  • 被害者の電話番号とメールアドレス
  • 芸能人なりすましyoutuberの情報(なるべく具体的に記載する)
  • 芸能人なりすましyoutuberが問われるであろう罪
  • 被害を受けたサービス名と被害を受けた日時や時間(YouTubeの場合はYouTubeと記載する)
  • 事件が起こった背景
  • 被害者が受けた損害状況や被害状況

告訴状に必要事項を記入した場合、それと同時に被害を受けたという証拠も用意しましょう。例えば、動画自体や動画のURLが証拠として認められます。

管轄の警察署に告訴状を提出して捜査の依頼をする

告訴状に必要事項を記入した場合、最後は警察署に告訴状を提出しましょう。しかし、ここで一つ注意してほしいポイントがあります。それは、必ず「管轄の警察署」に告訴状を提出するようにしてください。

管轄とは?

管轄とは、事件が起こった地域を担当している警察署のこと。

管轄以外の警察署に告訴状を提出しても受理してもらえないという訳ではありませんが、担当地域外なのでほとんど取り合ってくれません。ここで、無駄な時間を消費しないためにも、必ずあなたが被害を受けた地域を担当している警察署に告訴状を提出しましょう。

警察に告訴状を提出して受理してもらえれば、警察は犯人逮捕に向けて捜査してくれます。しかし、告訴状を受理した警察署が抱えている事件が多いと、順番待ちになることもあります。

中々捜査してくれないため心配になってしまう人もいるかと思いますが、警察は告訴状を受理した場合、捜査義務と捜査結果を被害者に伝える義務が発生します。つまり、告訴状を受理してもらえれば100%捜査してもらえるので心配する必要はありません。

また、警察はあくまでも「犯人を逮捕する機関」です。損害賠償請求をすることは出来ないので、損害賠償請求も視野に入れているのであれば、弁護士の方にも相談・依頼するようにしましょう。

告訴状を受理してもらえない場合は「原因」と突き止めよう

告訴状を提出して無事受理してもらえれば良いですが、受理してもらえなかったという人もいるかと思います。その場合は、受理してもらえなかった原因を突き詰めてみましょう。先ほど説明しましたが、警察署は告訴状を受理した場合、必ず捜査しなければいけないという義務が発生します。

「よく見てみたら違法性は低そうだからやっぱり辞めよう」というように事件の捜査を途中で投げ出すことが出来ないので、捜査すべき事件かどうかを告訴状から判断します。

つまり、告訴状を受理してもらえなかったということは、告訴状の内容からは「違法性が低そう」と判断されたのだと思います。明確な基準はありませんが、以下のような告訴状は受理してもらえる確率がグッと低くなる傾向がありますので注意しましょう。

違法性が低いと判断されやすい告訴状の例

  • 記載されている情報が異常に少ない
  • 記載されている情報が抽象的すぎる。
  • そもそも本当に違法性が低い

上記の中でも「記載されている情報が抽象的すぎる」という項目に当てはまる場合は早急に改善が必要です。例えば、芸能人なりすましyoutuberに誹謗中傷された場合、以下のように記載するとほぼ確実に告訴状は受理してもらえません。

芸能人なりすましyoutuberに誹謗中傷されて、芸能活動に支障が出ている。

上記のような記載ではなく、以下のようになるべく具体的に記載してみましょう。

芸能人なりすましyoutuberに誹謗中傷された結果、テレビ番組AとドラマBへの出演がキャンセルされた。出演キャンセルにより、売上は〇%減少している。

このように「被害を受けた結果どうなったのか」を記載すると具体性が出てきます。一人では解決することが出来ないという場合は、法律の専門家である弁護士に相談・依頼してみるのも対処方法の一つです。最近は無料相談を実施している弁護士事務所も多いので、気軽に相談してみましょう。

芸能人なりすましyoutuberを逮捕する方法まとめ

この記事では、芸能人なりすましyoutuberを逮捕する方法について具体的にまとめました。もう一度おさらいすると、芸能人なりすましyoutuberを逮捕する方法は以下の通りです。

芸能人なりすましyoutuberを逮捕する方法まとめ

  • 告訴状をダウンロードする
  • 告訴状を作成する
  • 告訴状を警察署に提出する

告訴状には、被害状況や損害状況を具体的に記載しましょう。告訴状を作成するのが難しい、専門家の意見を貰いたいという人は、一度弁護士に相談・依頼してみましょう。

誹謗中傷被害の相談をする
かんたん見積りをしてみる

-誹謗中傷対策
-, , , , ,

Copyright© 誹謗中傷対策サービス&情報 - WEBLEACH(ウェブリーチ) | 株式会社クリプトパイ , 2020 All Rights Reserved.