誹謗中傷対策

不謹慎YouTuberは逮捕される?逮捕される可能性や逮捕してもらう方法などを徹底解説!

2020年7月1日

今では多くの人にYouTuberという職業が認知され始めてきています。商品レビュー系YouTuberや検証系YouTuberなど、様々なジャンルで動画投稿をしている人がいるのですが、最近は不謹慎YouTuberとして活動している人もいます。

しかし、不謹慎というのは一般的に良くないことと認知されているので「不謹慎YouTuberは逮捕されないのか?」という疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか?

そのような方の為に、この記事では不謹慎YouTuberが逮捕される可能性や逮捕する方法などについて具体的にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

警察に不謹慎youtuberを逮捕してもらうことは出来るのか?

まず結論から言いますと、警察に不謹慎youtuberを逮捕してもらうことは出来ます。しかし、逮捕してもらうためには不謹慎YouTubeの発言や行動が刑事法令に規定されている犯罪行為に当てはまっていなければいけません。

基本的に「不謹慎」ということ自体、違法ではありませんので不謹慎youtuberとして活動しているだけなら法律上問題ありません。活動自体は問題ありませんが、不謹慎youtuberの発言や行動が罪に問われる場合もあります。

しかし、被害者が受けた被害・損害状況によっては逮捕してもらえないこともあるので注意しましょう。基本的に警察は「違法性が高い事件」を中心に捜査していくので、違法性が低い事件は見逃すことがほとんどです。

なぜなら、違法性が低い事件も取り扱っていると、切りがないからです。例えば「軽犯罪法」というものがあるのですが、これは人が並んでいる列に割り込んだり立小便をしたりした場合でも成立します。

正直、このような罪を犯している人まで捜査してしまうと、世の中ほとんどの人が逮捕されてしまいます。少し脱線してしまいましたが、まとめると以下のようになります。

不謹慎YouTuberを逮捕してもらうための条件

  • 刑事法令に規定されている犯罪行為に当てはまっていなければいけない。
  • 被害者が大きな被害・損害を受けている

不謹慎youtuberはどのような罪に問われるのか?

不謹慎youtuberとして活動しているだけであれば罪に問われることはありませんが、不謹慎youtuberの発言や行動によっては以下の罪に問われることがあります。

問われる可能性がある罪

  • 名誉毀損罪
  • 侮辱罪
  • 信用毀損罪
  • 業務妨害罪

上記の中でも特に「名誉毀損罪」に問われる可能性が高いと言えます。名誉毀損罪とは、公然と事実を摘示して人の名誉を毀損した場合に成立する罪です。

例えば、不謹慎youtuberが「Aさんが亡くなりました!Aさんの弟は昔犯罪者だったらしいので死刑になってAさん同様、亡くなってほしいですね!」という発言をYouTube動画でした場合は、Aさんの弟の名誉を毀損していますので、名誉毀損罪が成立することもあります。

名誉毀損罪が成立すると、損害賠償請求をされる他、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金といった刑事上の責任を追及される場合があります。

警察に不謹慎youtuberを逮捕してもらう方法

ここでは、警察に不謹慎youtuberを逮捕してもらう方法を具体的に説明していきます。

インターネットから告訴状のテンプレートとダウンロードする

警察に不謹慎youtuberを逮捕してもらうためには「告訴状」という書類を警察署に提出しなければいけません。

告訴状を提出しなければ、警察は犯人逮捕に向けて捜査してくれないので、まずは告訴状をダウンロードしましょう。

告訴状とは?

告訴状とは、被害・損害を受けた本人が警察に対して被害の状態や損害の状況などを申告するための書面。

インターネット上に告訴状のテンプレートがあるので、そちらをダウンロードしてください。

告訴状を作成する

インターネット上から告訴状のテンプレートをダウンロードした場合、次はダウンロードした告訴状に被害・損害状況や被害を受けた背景などを記載していきましょう。

告訴状には様々な内容を記載しなければいけないのですが、最低限下記の内容は記載するようにしましょう。

告訴状に記載すべき内容

  • 告訴状の作成日
  • 告訴状を提出する警察署の署長名
  • 被害者の氏名と住所
  • 被害者の連絡先
  • 不謹慎youtuberの詳細
  • 不謹慎youtuberが問われるであろう罪の名前(信用毀損罪や名誉毀損罪など)
  • 被害・損害を受けたサービス名(YouTube動画で被害・損害を受けた場合はYouTubeと記載する)
  • 被害・損害状況(なるべく具体的に記載する)
  • 事件が発生した背景

上記に加えて「不謹慎youtuberから被害を受けた」ということを証明することが出来る「証拠」を用意しておきましょう。しかし、YouTubeに投稿された動画は投稿者によって簡単に削除されてしまうこともあります。

削除されてしまうと証拠がなくなってしまうので、スマートフォンの画面録画やスクリーンショットを使って削除されても対応できるように対策しておきましょう。

管轄の警察署に告訴状を提出する

告訴状に被害・損害状況や被害を受けた背景など記載した場合、次は作成した告訴状を警察署に提出しましょう。ただし、必ず管轄の警察署(事件が発生した地域を担当している警察署)に告訴状を提出してください。

警察には「ここからここまでを捜査してください」という担当区域というものがあるので、基本的に担当区域外の事件は捜査してくれません。そのため必ず「事件が発生した地域を担当している警察署(管轄の警察署)」に告訴状を提出するようにしましょう。

不謹慎youtuberが逮捕されるのを待つ

告訴状を管轄の警察署に提出した場合、後は不謹慎youtuberが逮捕されるのを待つのみです。しかし、告訴状を提出した警察署が抱えている事件数が多いと、どうしても自分の事件を捜査してもらうまでに時間がかかってしまいます。

中々捜査してもらえず不安を感じることもあるかと思いますが、警察は告訴状を受理した以上、捜査義務と捜査状況を被害者に連絡する義務が発生します。つまり、告訴状を受理してもらえれば、必ず捜査してくれるということです。

告訴状を受理してもらえない場合は弁護士に相談・依頼してみよう

告訴状を受理してもらえないということは、告訴状に何かしらの問題があるはずです。

しかし、告訴状を作成するためには多少なりとも法律関係の知識が必要になってくるので、法律関係に詳しくないという人からすればどこが問題なのか分からないということもあるかと思います。

その場合は、法律の専門家である弁護士に相談・依頼してみましょう。

弁護士は法律関係のプロであると同時に、様々な事件に携わってきているので多くの経験を積んでいます。専門的な知識や豊富な経験を積んでいる弁護士は、警察に受理してもらいやすい告訴状の書き方を知っている人が多い傾向にあります。

そのような弁護士に告訴状の作成を依頼すれば、自然と警察に受理してもらえる告訴状が出来上がると言えるでしょう。

また、告訴状の提出を弁護士に同行してもらうこともできるので、弁護士から法的な問題点を警察に伝えてもらうことも出来ます。

不謹慎youtuberを逮捕する方法まとめ

この記事では、不謹慎youtuberを逮捕する方法を具体的にまとめました。もう一度おさらいすると、不謹慎youtuberを逮捕する方法は以下の通りです。

不謹慎youtuberを逮捕する方法まとめ

  1. インターネットから告訴状のテンプレートとダウンロードする
  2. 告訴状を作成する
  3. 管轄の警察署に告訴状を提出する
  4. 不謹慎youtuberが逮捕されるのを待つ

不謹慎YouTuberを逮捕するためには、罪に当てはまるという証拠が必要です。動画を削除されてしまうと証拠も消滅してしまうので、スマートフォンの画面録画やスクリーンショットを使って削除されても問題ないように対策しておきましょう。

誹謗中傷被害の相談をする
かんたん見積りをしてみる

-誹謗中傷対策
-, , , , , ,

Copyright© 誹謗中傷対策サービス&情報 - WEBLEACH(ウェブリーチ) | 株式会社クリプトパイ , 2020 All Rights Reserved.