ブランディング

オウンドメディアの基本を分かりやすく解説!おすすめの制作会社も紹介

今多くの企業から注目を集めているオウンドメディア。各企業が自社のブランディング向上を目指したり、採用につなげたりできればという思いで積極的に開設に向けて取り組んでいます。

その一方で、オウンドメディアを開設したものの「こまめに更新しているのに結果が出ない」「他の業務で手いっぱいで手薄になっているけれど、人手が少ないためどうしようもできない」と悩む担当者も多くいるのではないでしょうか。

本記事では、オウンドメディア開設に関して知っておくと役立つ基本知識をメインにお伝えします。また、アウトソーシングする際に制作会社を選定する際のコツと共に、おすすめできる3社をピックアップしましたのでそちらも参考にしてみてください。

本記事で分かること

  • オウンドメディアとは何かを含む基礎知識が学べる
  • オウンドメディアの制作方法が分かる
  • 制作をアウトソーシングする際の制作会社選定のコツとおすすめの制作会社が確認できる

以下の記事は、本記事と関連性が高い記事です。興味がある人は目を通してみてくださいね。

ネットリテラシーの低さがトラブルを招く!?教育を行うことで未然に防げる場合も

SNSやインターネットの利用が当たり前になっている現代ですが、中には危険な利用の仕方を行なっている人も多々いらっしゃいます。 この記事ではネット社会の危険性や、ネットリテラシーが低いために引き起こして ...

続きを見る

SNSに投稿された誹謗中傷を削除するには?削除方法や通報方法を徹底解説!

インターネットで被害が多発しているSNS上の誹謗中傷。基本的に、インターネットによる誹謗中傷発生件数の半分以上はSNSが占めています。SNSは誹謗中傷されやすい媒体なので、もしも、誹謗中傷された場合は ...

続きを見る

オウンドメディアとは

オウンドメディア(Owned Media)とは企業や個人が持つメディアの総称をいいます。企業の場合で考えてみると自社のパンフレット、ブログ、SNSといったものがオウンドメディアとなります。個人の場合も同じです。まずは、オウンドメディアを知る上で必要な基本知識について解説します。

開設する目的

企業がオウンドメディアを開設する一番の目的は「自社の認知度を向上させる」「集客してファンの獲得を目指す」この2つです。その先に「利益を上げること」を目的として設定しています。

最近では求人票だけでは分からない社内の様子や日々の出来事などをオウンドメディアによって通して求職者に伝え、採用につなげることに成功する企業も増えてきました。いわゆるオウンドメディアリクルーティングですね。

どんな企業なのかを積極的に発信することで、求職者は自分が思い描いている企業なのかを判断しやすくなります。他にもメリットとして以下のようなことが挙げられます。

  • 入社前とのギャップが理由で退職する人を減らせる
  • 求職者と距離を縮めながら採用活動に取り組める

最近は各企業がこれらのメリットを求めて、採用に特化したオウンドメディアの開設に力を入れる動きが目立ちます。オウンドメディアを開設する場合は、コンテンツを制作に移る前に「どんな目的で開設・運用するのか」をクリアにしておくことが大切です。

開設・運用にかかる費用

オウンドメディアを開設し運用していくには費用がかかります。自社で制作する場合は人件費のみという場合も珍しくありませんが、アウトソーシングする場合は制作にかかる「制作費」とは別に「運用費」などが必要です。

「意外と費用がかかるな」と思った方もいるかもしれませんね。

「どうやって制作するか」「どれくらい本格的にするのか」をクリアにした上で、費用についても開設する前にきちんと把握しておくことをおすすめします。以下にオウンドメディアの開設・運用するにあたり、どれくらいの費用がかかるのかをまとめましたので参考にしてみてください。

【自社で開設・運営する場合】

世界的に使用されているCMS「WordPress」を使用すれば、無料で利用できるため費用が抑えられる

【制作会社へアウトソーシングする場合】

ワンストップで全て制作会社に任せる場合は制作費として50万円以上、運用費としては記事作成やコンサルティング費用を含めてひと月あたり20万円以上は必要になる

オウンドメディアの現況を知る

企業や個人がオウンドメディアを開設し運用することは、ユーザーにとって何も珍しいことではありません。それだけ競合も以前と比べると増えているわけですので、いかに他と差別化が図れるかが重要になってきます。

検索エンジン「Google」にも変化がありました。以前は外部リンク数が多いサイトほど高く評価していた傾向にあったのですが、最近はコンテンツの内容やそれに伴う品質が重視されるような傾向に変わってきています。

これを受けて以前まではペイドメディアといわれるリスティング広告やCMなどの広告費にお金をかけていた企業も、オウンドメディアを取り入れるために大きく方向転換しているようです。その証拠としてアーンドメディアといわれるSNSの運用などに力を入れつつ、オウンドメディアも運用するという方法で戦略を練っている企業が増えてきています。

オウンドメディアはペイドメディアのような即効性のあるPRは見込めないものの、企業の資産として残る点は魅力だといえるでしょう。実際に、オウンドメディアの開設・運用を始めたことで成功した企業も数多く存在します。

時代に沿ったPR方法に挑戦していきたいと考える企業や個人は、今の波にうまく乗っておいたほうがいいかもしれませんね。

オウンドメディアを開設・運用するメリット・デメリット

Web上で企業あるいは個人のブランディング向上を目指して、オウンドメディアの開設・運用を考えている場合はメリット・デメリットについて知っておくといいでしょう。

メリット

オウンドメディアを開設・運用するメリットを以下にまとめました。

  • 新たなファンを獲得できる可能性が高まる
  • ブランディングの向上が目指せる
  • 利益向上が目指せる
  • 求職者が応募するきっかけにつなげやすくなる

業界ごとに有名な企業や個人の場合はこれまでの実績もあってブランディングに苦労する場合は少ないのですが、ニッチな業界の場合はそうはいきません。

この業界の企業はユーザーに少しでも自社が取り扱う商品・サービスに興味を持ってもらえるようになることを目標にしながら、コツコツとオウンドメディアの運用に取り組んでいるケースも増えてきています。

「人材の獲得に苦戦している」「ブランディングがうまくいかない」と悩んでいる企業や個人は、オウンドメディアの開設・運用を検討してみてはいかがでしょうか。

デメリット

オウンドメディアを開設・運用するデメリットを以下にまとめました。

  • 結果を実感できるようになるまでに時間がかかる
  • 目的が定まっていないとファン獲得が難しい
  • 誤った情報を発信してしまうと企業のブランディング低下につながるリスクがある

オウンドメディアの開設・運用するにあたり、多くの担当者がこれらのデメリットとなる壁にぶつかることになるでしょう。

例えば「SEO対策を意識して記事を作成したのにPV数がなかなか伸びない」「検索エンジンで上位表示されない」などといったことが起きやすいのですが、どちらもそれほど心配することではありません。

なぜなら、オウンドメディア自体がすぐに結果が出るようなものではないからです。そのため、自社で開設から運用まで行うとなった場合は目的に沿ったコンテンツの作成を意識しながら根気強く取り組むことをおすすめします。

オウンドメディアを運営する上での注意点

現代は、複数の企業や個人がオウンドメディアを開設・運用する時代です。情報更新時に運営側は「ユーザーの目に触れるためにはどうすればいいか」といったことを強く意識しながら、工夫を凝らして作業を進めなければ思うような結果を手にできません。ここでは、オウンドメディアを運営する上での注意点を見ていきましょう。

(1)目的に沿った情報配信を意識する

「たくさんのユーザーに自社のオウンドメディアについて知ってほしい」という思いだけが先行してしまうと、開設時に設定した目的から大きく反れたコンテンツを作成し配信してしまう可能性が高くなります。これにより、一時的に話題になったり、PV数を獲得できたりしたとしても長期的にその状況が続くのかというと難しいところでしょう。

「このままではマズイ」と担当者が何か救済措置を施そうとしたときには、目的としていた内容を含んだコンテンツがほぼない状態という可能性もゼロではありません。それに加えて目標としているようなPV数を獲得できなくなっていたり、企業や個人のブランディングの低下を招いてしまったりすることもあるでしょう。

また、開設時に設定していたペルソナに合わせられていないコンテンツが増えていれば、本来は獲得できていたはずだったファンさえも失ってしまう可能性も十分考えられます。

多くのファンを獲得し自社のブランディングを高めるためには、目的に沿ったコンテンツ作りができているのかを運営側は常日頃から意識することが大切です。

(2)誤った情報を配信していないか注意する

オウンドメディアで目標としているような輝かしい結果を残すためには焦りは禁物です。

「記事数を増やしてコンテンツを充実させたい」という思いそのものは大変素晴らしいことではありますが、それにとらわれすぎてしまうと記事の量産ばかりに注力してしまい、肝心のコンテンツの品質が低下してしまう可能性が高くなります。

それに加えてオウンドメディアで誤った情報を配信してしまうと、サイト自体の信頼性が失われると共に企業のブランディングも低下してしまうと考えていいでしょう。

このような負の連鎖を招かないためには、掲載する記事のジャンルを得意とする専門家に監修を依頼したり、複数人でオウンドメディアを運営できるような体制づくりになっているか組織そのものを見直したりすることが大切です。

オウンドメディア制作の流れを知る

「これからオウンドメディアを開設しようと思っている」という企業や個人もいるのではないでしょうか。ここでは、オウンドメディアを制作する上での基本的な流れを解説します。

(1)企画

まずは、「どのようなオウンドメディアを作っていくのか」というサイトの肝となる部分を企画していきます。市場調査、KPIの設定などを進めながらサイトのテーマやコンセプトを決めるのが一般的です。

併せて、コンテンツを作成していく上で重要となるペルソナの設定を行うことも忘れないようにしましょう。複数人でコンテンツを作成する場合は、オウンドメディアの目的が反れないようにマニュアルを作成してメンバー全員に共有しておくことをおすすめします。

自社で初めてオウンドメディアの開設・運用に挑戦する場合は、目先の利益にとらわれていないか意識しながらコンテンツ作りに取り組む姿勢を忘れないようにしましょう。

(2)制作・運用

続いて、サーバー環境を整えてコンテンツ制作に取り掛かります。サイトのデザインやコーディングを行いながらコンテンツを形にしていきます。記事作成、動画制作、SNSの更新などもこの時に取りかかり始めるのが一般的です。

(3)改善

この段階で運用状況を確認しながら、各コンテンツに手を加えていきます。KPIやKGIなどに加え、開設時に設定した目標と現状にどれくらい差があるのかを把握することが大切です。PDCAの考え方を取り入れながら、早いスパンで取り組むことをおすすめします。

コンテンツを制作して運用し、効果検証しながら改善することを繰り返すことでオウンドメディアは着実に成長していくことでしょう。

この流れを守りながらコンテンツの運用を続ければ、本来の目的である「ブランディングの向上」「利益を上げる」などといったことを実現できる日も近いと思って問題ありません。

オウンドメディアの制作方法を紹介

オウンドメディアを開設すると決まったら、まず決めなければいけないのが制作方法です。制作方法には自社で制作する方法と制作会社にアウトソーシングする方法の2つがあります。ここでは、それぞれの方法をメリット・デメリットや注意点と共に解説します。

(1)自社で制作する

オウンドメディアを自社で制作する企業は多く存在します。その場合、社内でオウンドメディアを運用するためのチームを発足させることが多いようです。ここでは、自社でオウンドメディアを制作する上でのメリット・デメリットと共に注意点を見ていきましょう。

メリット

自社でオウンドメディアを制作する場合のメリットを以下にまとめました。

  • 制作にかかる費用が抑えられる
  • ノウハウを獲得できる
  • メディア管理がしやすい

アウトソーシングを利用するまでのお金に余裕がない企業や個人にはおすすめの方法です。

Webサイトに関して専門性が高いスタッフがいればそれほど大変ではないかもしれませんが、素人がイチから学びながら開設から改善までの一通りの流れをこなせるようになるには相当の努力と時間が必要です。

しかしながら大変なだけあって、自社でのノウハウを獲得できるため今後に大きく役立つといえるでしょう。また自社で一括してオウンドメディアを管理していれば、記事の差し替えやSNSで情報を発信する際もスピーディーな対応が見込めます。

デメリット

自社でオウンドメディアを制作する場合のデメリットを以下にまとめました。

  • 人を確保するための費用がかかる
  • 品質の高いコンテンツ作りができるようになるには時間がかかる

社内でオウンドメディアを制作から改善までやり遂げるチームを発足させるには、新たに人を確保しなければいけません。求人広告に掲載する広告費、エージェント利用にかかる費用を考えるとかなりの費用になります。

うまく人の確保ができずにやむを得ずライティング経験がない人が記事を作成することになれば、コンテンツ制作に時間がかかる上に記事そのものの品質が低くなってしまう可能性が高くなるかもしれません。

目標と現状との差が顕著に出てしまう可能性が高い点は覚悟しておいたほうがいいでしょう。

注意点

費用を抑えたい企業やノウハウ獲得を目指している企業にとっては、自社でオウンドメディアを運用することは理想でしょう。社員が無理のない範囲でオウンドメディアの運用に取り組むためには、担当者を1人だけ付けて運用させることは避けましょう。

担当に選任された社員への負担になることは目に見えていますし、複数の人が関わっていないとミスなども増えてしまうことでしょう。企業のブランディングを高めるためにも、オウンドメディアの運用を自社で行う場合は専用のチームを発足させることをおすすめします。

制作会社にアウトソーシングする

費用が確保できて本格的にオウンドメディアを運用したいと考える企業の場合、制作会社へオウンドメディアの制作をアウトソーシングすることが多いようです。ここでは、オウンドメディアの制作を制作会社にアウトソーシングする上でのメリット・デメリットと共に注意点を見ていきましょう。

メリット

オウンドメディアの制作を制作会社にアウトソーシングする場合のメリットを以下にまとめました。

  • オウンドメディア制作を得意とする制作会社に依頼すれば、企業や個人が目指している目標を達成できる本格的なコンテンツ作りができる
  • 競合が多い場合は自社のオウンドメディアの差別化を狙いながら戦略を立ててもらえる

競合が多い業界であればあるほど、制作会社にオウンドメディアの制作などをアウトソーシングすることで着実に差別化しやすくなります。テンプレートに沿ったものではなく、オリジナリティ溢れるメディアを求めている企業や個人はアウトソーシングを検討してみてはいかがでしょうか。

制作会社によって得意とする分野は異なりますので、自社のオウンドメディアをどのようなコンセプトに沿って開設・運用していくべきなのか企業の場合は社内で十分に検討することをおすすめします。

デメリット

オウンドメディアの制作を制作会社にアウトソーシングする場合のデメリットを以下にまとめました。

  • 自社で手掛けるよりも費用がかかる
  • サイト管理はアウトソーシングを依頼した制作会社にあるため、内容の変更が必要になった場合も即時に対応できない場合がある

制作会社にオウンドメディアの運用に関する依頼をどこまでするのかによって、費用は違ってきます。相場を簡単に説明しておきます。

シンプルな仕様で最低限の機能があれば問題なしの場合は50万円程度、本格的に集客を意識したコンテンツ作りやサイトリニューアルを希望する場合は300万円以上です。

もちろん、費用は制作会社によって異なりますので依頼前に確認することを忘れないようにしましょう。

またオウンドメディアに掲載している記事の内容に変更があった場合や動画コンテンツの差し替えなども、自社で運営している場合と比較するとスピーディーな対応はなかなか難しいのが現状です。

注意点

制作会社へオウンドメディアの制作を依頼する場合、依頼元である企業はこまめに情報を共有してもらえるように依頼してみるといいでしょう。最初はどのように運用しているのか知るだけでもいいと思います。

少しずつノウハウを学んでいかなければ、自社でオウンドメディアを運営することは難しいでしょう。将来的に自社でオウンドメディアを運営する可能性がある場合は、積極的に学ぶように努力することをおすすめします。

ある程度知識やノウハウが理解できるようになれば、制作会社への依頼を停止して自社で運営してみるという方法もアリですね。

今後、自社でオウンドメディアを運用する予定がないという場合でも、サイトに掲載しているコンテンツの内容や状況などを担当者は把握しておくことがベストだといえるでしょう。

制作会社選びのコツを紹介

数多くのオウンドメディアがある中で、企業や個人が保有するメディアを目立たせたい場合はその道のプロである制作会社へ依頼することをおすすめします。とはいっても、「どこに依頼すればいいか分からない」というのが担当者の本音ではないでしょうか。ここでは、制作会社を選ぶコツを紹介していきます。

何を強みにしているかを見極める

制作会社も競合が複数いるため、それぞれ何を強みにしているか依頼を検討する側が汲み取りやすいように工夫してあることが多いようです。何を強みにしているのかを見極めることができれば、自社が目指しているサイト作りと照らし合わせやすく候補の絞り込みもしやすくなります。

知名度や価格に先に目を向けるのではなく、強みは何かを見極める姿勢をつければ、いくつか候補を絞った場合でも割とスムーズに依頼する会社を決定することができるでしょう。

サービス内容を確認する

制作会社によって、提供するサービス内容にはバラつきがあります。ワンストップでオウンドメディアの制作から改善まで任せられるような体制を作っている場合もあれば、そうでないこともあるようです。

どのようなプランを用意しているのかは、制作会社のホームページを確認すればすぐに分かりますので気になる制作会社があれば目を通しておくといいでしょう。質問や不明点がある場合は制作会社へ直接問い合わせを済ませて、早めに疑問を解決しておくことをおすすめします。

成功事例にも目を通しておく

ある程度の実績がある制作会社の場合、これまでの成功事例をホームページに掲載していることもあります。「どんなコンテンツを作ってきた会社なのか」が成功事例を見ればひと目で分かるため、必ず目を通すようにしましょう。

アウトソーシングする際におすすめの制作会社4選

日本全国には複数の制作会社があります。そのため、オウンドメディアの開設・運営が決まってアウトソーシングするとなっても「どこに依頼すればいいか分からない」と悩む企業や個人も決して珍しくありません。ここでは、Web上の評判を基におすすめの制作会社を4社紹介します。

株式会社GIG

出典元:https://giginc.co.jp/

株式会社GIGは東京都中央区にある制作会社です。SEO対策を意識したメディアの構築を得意としているため、オウンドメディアの制作・運用を安心して任せられます。

コンテンツの品質維持の目的で、掲載する記事を作成する上でのガイドラインや運用マニュアルも用意してあるため「細部までこだわってほしい」という強い思いがある企業や個人にもおすすめできる制作会社です。

目標を達成するためにどうすればいいのか戦略立案したり、セキュリティ対策などを含めた運用体制の構築ができたりします。本格的にオウンドメディアの制作に取り組みたいと考える企業や個人にはおすすめです。

Appmart株式会社

出典元:https://appmart.co.jp/

Appmart株式会社は東京都千代田区にあります。33社のグループ会社との横とのつながりがあることから、オウンドメディアの制作以外のジャンルでサポートを提案してもらうことも可能です。

採用にポイントを絞ったオウンドメディアの制作とコンテンツの効果検証を得意としているため、オウンドメディアを運用することで採用につなげたいと考えていたり、改善点は確実に修正して次につなげたいと考えたりする企業や個人にはおすすめの制作会社となります。

1人採用するために求人サイトに求人を掲載したり、エージェントサービスを利用したりすることを考えると費用はかなり抑えることができます。

株式会社SAL

出典元:https://www.sal.ne.jp/

株式会社SALは東京都港区にある制作会社です。UIデザイン/UXデザイン設計とサイト制作そのものを強みとしています。規模に関係なくさまざまな政策や運用サポートを提供しているのも魅力だといえるでしょう。

オウンドメディアはもちろん、情報発信系メディア、キュレーションサイト、ニュースサイトなどさまざまなメディアコンテンツの制作実績があります。決められた予算内でしかアウトソーシングできないといった企業や個人であっても、相談すれば予算内でできるサービスを提案してくれます。

株式会社CryptoPie

出典元:https://cryptopie.co.jp/

弊社(株式会社CryptoPie)は東京都渋谷区にあります。SEOに特化したサイト設計に加えて、戦略立案から運用までワンストップで任せられる点が魅力です。

「人手不足によりオウンドメディアの開設・運営を任せられる人材がいなくて困っている」「運用してみたものの満足できる結果を得られていない」といった場合は無料で相談できますので、ぜひ一度ご相談ください。

これからノウハウを獲得したいと考える企業はもちろん、効果的な戦略設計で勝負したいといった企業からの相談もお待ちしています。

オウンドメディアをうまく活用して集客アップを目指そう

今回は、オウンドメディアとは何かについて基礎知識と共に紹介しました。アウトソーシングする場合におすすめの制作会社についても紹介しましたので、悩んでいる方は参考にしてみるといいでしょう。

今回の記事のポイントを以下にまとめましたので確認してください。

本記事のポイント

  • 企業や個人が保有するメディアのことをオウンドメディアという
  • オウンドメディアの制作過程は、企画、制作・運用、改善である
  • オウンドメディアの制作をアウトソーシングする場合は、強みやサービス内容を確認したり、成功事例に目を通したりして決めることが大切である

開設から改善までのステップを自社で行うのか、制作会社にアウトソーシングするのかによってかかる費用や自社に蓄積されるノウハウの数も異なります。これからオウンドメディアの開設や運用を検討している企業や個人は、どちらの方法が自社にとって有益なのか考えることをおすすめします。

誹謗中傷被害の相談をする

-ブランディング
-, , , , , ,

Copyright© 誹謗中傷対策サービス&情報 - WEBLEACH(ウェブリーチ) | 株式会社クリプトパイ , 2021 All Rights Reserved.